So-net無料ブログ作成
読書 感想 ブログトップ

世界の大富豪2000人に学んだ 幸せに成功する方法を読んでみての感想♪ [読書 感想]

「世界の大富豪2000人に学んだ 幸せに成功する方法」っていう、なかなかインパクトのある題名に惹かれて、読んでみることにしました!


著者のトニー 野中さんは、数多くの成功者と接する中で、成功者の特徴をこの本の中でまとめておられます。


色々な自己啓発本を読んでいる私ですが、
「なるほど、そうだなぁ・・」と納得できる内容が色々とあり、ポジティブシンキングで毎日精一杯頑張っていこうという気持ちになれました♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の大富豪2000人に学んだ幸せに成功する方法 [ トニー野中 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/2/17時点)




今後の人生において、特に参考にしたいなぁと、特に心に残った内容が2つあったので、少しだけ紹介させてもらいます☆


ノミのジャンプ力の話とサーカスのゾウの話の2つです!(^^)!


これまで、色々な自己啓発本を読んでいる中でも目にしたことのある話で、割と有名な話なのかもしれませんが、改めて、そうだよなぁと思ったので、紹介させていただきます。



<ノミのジャンプ力とコップのフタの話>

まず、皆さん、ノミってなんのことかと思われたかと思いますが、あの、小さな虫のことです(笑)
ものすごく小さい虫のあのノミなんですが、ノミのジャンプ力が半端なくすごいってご存知でした?
なんと、2~3m飛べるみたいなんです!!すごい能力ですよね!

その驚異のジャンプ力のあるノミをコップの中に入れて、フタをすると、ノミは飛びたくてもフタで頭をうって、それ以上飛べなくなりますよね。。
これを何回か繰り返した後、コップのフタをとってみると、皆さんどうなると思います??

面白いことに、フタをとったにも関わらず、ノミは、コップのフタの高さより高く飛ぶことができなくなってるんです!!

これは、ノミがコップのフタで何度も頭をうっているうちに、自分はこれ以上の高さは飛べないんだと、自分で自分の限界を決めてしまって、その限界以上には飛べなくなってしまうからなんだとのこと!



<サーカスの象の話>

つづきまして、サーカスの象の話ですが、皆さん、ゾウはわかりますよね(笑)
あの体の大きい、怪力のゾウさんです♪
サーカスのゾウは、体が小さい頃から足に鎖をつながれて、自由に動けなくされています。
体が小さいうちは、力も小さいので、鎖はひきちぎれないのですが、成長して、体が大きくなったら、鎖をひきちぎれるはずなのに、鎖をひきちぎろうとせず、鎖につながれたまま、おとなしくしているっていう話です。。
これも、ノミのジャンプ力とコップのフタの話と同じで、体が小さいうちから鎖につながれて、自分は鎖を引きちぎれないんだと、自分の限界を自分で決めてしまって、大きなゾウさんになっても、鎖をちぎろうとしないということだそうです。



2つの話から言えることは、心の持ちようが大切で、自分の限界を自分で決めず、挑戦していこうという気持ちがなければ、自分の能力以下のことしかできなくなるということだと思います!


なるほどなぁ・・って思いました☆



限りある人生、
自分の限界を自分で低く設定してしまっては、もったいない!


ポジティブシンキングで、色んなことにチャレンジし続けていきたいなぁと、改めて感じることができて、この本を読んで良かったと思います。

他にも色々な内容がふくまれているので、皆さんも、よろしければ一読してください!(^^)!



スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「フランス人は10着しか服を持たない」の感想☆ この内容を実践したいです(^o^) [読書 感想]

「フランス人は10着しか服を持たない」の感想をサラッと書こうと思います(^^) この本の内容を実践できたらステキだと思いました☆


それと、本の内容ではないですが、「フランス人は10着しか服を持たない」という表題は上手くこの本の特徴を表しているなぁと感心しました。




12か国で刊行され、ベストセラーとなった本書は「Lessons from MADAM CHIC」で、直訳すると、MADAM CHICからうけたレッスンといったところですので、日本語の表題とは全く違います。

こんな私ですが、実は、英語が得意なんです☆

って、誰でも分かるか(笑)

ちなみに、MADAM CHICとは、著者のホームステイ先に住んでいたフランス人貴族の名前☆

このMADAM CHICから、著者が感じたことや、学んだことが綴られています。

その内容とは・・・・

是非、実際に読んでほしいと思いますので、詳しく書くのはやめにして、この本を読んで感じたことを、感想として、サラリとだけ書かせていただこうと思います♪

まず、表題の「フランス人は10着しか服を持たない」という表題のとおり、物質主義に踊らされず、自分が本当に気にいったものを持ち物として厳選し、それを惜しげもなく普段の生活の中で使用し、シンプルに生きることの大切さを教えてくれています。

自分の考え方やスタイルをしっかりと確率させ、健康的な食事と運動を大切にし、外見だけでなく、内面に磨きをかけることで、魅力的な人間になれるんだなぁと思いました。

派手な生活ではなく、教養を身につけて、質の良さにこだわり、情熱をもって生き、ささやかな喜びを見つけることで、何気ない毎日が、特別な日になる・・・そんなステキな内容がもりだくさん!

そして、ミステリアスな雰囲気を漂わせ、自分に興味を持ってもらうことも大切だというような内容もあり、なるほどなぁと思いました。

すべてをさらけ出すのもいいけれど、確かに、ミステリアスな部分がある人って、この人のこと、もう少し知りたい・・って思ってちゃいますよね(^^)

とまぁ、一読の価値のある本だと思いますので、是非ご一読を!

明日は土曜日♪

お休みの方は、良い休日を☆





スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

うまくいっている人の考え方 完全版 感想(^o^) [読書 感想]

「うまくいっている人の考え方 完全版」の感想を書こうと、本当に、久々のブログ更新☆

『うまくいっている人の考え方』、『うまくいっている人の考え方 発展編』を一冊にまとめたということらしく、非常に、コンパクトな本で、読みやすく、示唆に富んだ一冊でした。


なるほど〜、そうだなぁ〜と、納得のいく言霊でいっぱいの一冊だったので、是非、皆さんも読んでみてほしいです。


見開き2ページで1項目のアドバイスをコンパクトにまとめていて、トータルで100個のアドバイスをしてくれています。


共感できたことはたくさんありますが、特に、自分自身のことを好きになり、大切にすることがいかに重要であるかということが力説されていました。


自分のことを好きになり、他人と同じように自分も素晴らしい人生を創造するに値する人間だと信じる気持ち・・・・これを著者は「自尊心」と定義し、「自尊心」を持つことが大切であると教えてくれています。


ありのままの自分を受け入れて、自分自身を大切にし、好きになり、自分の正直な気持ちに正直に生きていくことが大切だというアドバイスは、この先もずっと忘れてはいけないなぁと思うと同時に、ナルシストって、ある意味で、ステキなことなんだなぁと思ったりしました(^^)


失敗をしても、過ちを犯したとしても、自分自身のことを許してあげようという趣旨の文章を読んだときは、そこまで、自分に寛大でいいのかなと、一瞬、疑わしく思いましたが、読み進んでいくと、なるほどと理解できます。


人は、他人との関わりの中で生きているので、他人のことをないがしろにするのは、問題だと思うけど、もっともっと、自分のことを大切に生きていくべきだなぁと思いました。

また、どんな物事でも、必ず、良い面と悪い面の両面があるので、つらいことや、自分にとって不都合なことが起こったとしても、プラス思考で、良い面に着目することの大切さも教えてくれています。

例としてあげてくれていて、なるほどなぁと思ったのが、

例えば、会社が去年より、売り上げを伸ばせたという現象についても、

利益が増えたから、ハッピーだと考える経営者もいれば、その分、税金をたくさん払わないといけないからアンハッピーと考える経営者もいるという感じで、必ず、良い面・悪い面の両面を、物事は持ち合わせているので、その良い面に着目して、プラス思考で生きていこうと教えてくれています。

その他にもたくさんのメッセージが込められていますが、あとは、皆さん、読んでみてください♪

他人に迷惑をかけることがないという前提のもとで、自分のことを大切にし、広い心で、プラス思考で生きていこうという気持ちになりました☆

さぁ、明日も前向きに頑張るぞ〜☆



スポンサーリンク








読書 感想 ブログトップ