So-net無料ブログ作成
ピーチ航空 ソウル ブログトップ

続・格安ソウルツアーをピーチ航空で☆ ごきげん!ブランニュ ピーチ番長 雅のマル秘ソウルグルメツアー② [ピーチ航空 ソウル]


スポンサーリンク



今回の記事は、先日ご紹介した「ごきげん!ブランニュ」の
2013年12月2日(月)放送からのお役立ち情報の続編です。

前回の記事にもお役立ち情報が満載なので、是非読んでくださいね〜☆
前回の記事はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://masasumitrend.blog.so-net.ne.jp/2013-12-10

前回の記事では、ピーチ番長と称したトミーズ雅が、ピーチ航空を使って、
ソウルに到着し、おすすめのソウル飯を食べ始めたところで終了していましたので、
今日は、雅のおすすめソウル飯6食の2食目からご紹介をしたいと思います。

早朝に関空を出発し、お昼頃にソウルに到着した雅たちがまず1食目に選んだのが、あわびのお粥でしたね。

続いて2食目に雅たちが行った店は、おやつのお店。

「郷味」というお店で雅たちが注文したのは、「ジャージャー麺」4000ウォン(約370円)。

ボリューム満点でとってもおいしそうでした。
見た目はカラそうでしたが、実際はそうでなく、
このお店でしか食べられない独特のおいしさがあるとのことでした。

続いて、3食目は、焼きフグのお店。

「チョルチョルポクチブ」というお店で、
「ふぐの塩焼き」32000ウォン(約2,980円)、
「ふぐの白子」33000ウォン(約3,070円)
を注文。

いずれも味付けは塩で、素材がいいんだろうなぁ、おいしそうだなぁと感じました。

と、ここで一日目は終了。

感心したのは、これまで紹介した3店舗が全て徒歩圏内で、15分も離れていないということ。

また、宿泊先も雅が現地に到着してから電話予約し、約5,000円で快適に過ごせたとのこと。
宿泊先は具体的に紹介されていませんでしたが、
探せば、安くていいとことがたくさんあるんでしょうね〜☆

帰りの飛行機は夜9時の便を予約しているとのことで、
明洞で夕方の6時くらいまで楽しめるため、ホントに満喫のソウルツアーですね☆


スポンサーリンク



そしてソウルグルメツアーは二日目に突入。

一日目から通算すると、次は4食目。

4食目は、スープのお店。

「河東館」というコムタンスープ一筋のお店。

メニューはコムタンのみで、値段が2種類ありますが、
雅は、安いほうのコムタンの方がおいしいと言っていました。

雅たちが注文した「コムタン」10000ウォン(約930円)は、
牛肉とご飯をスープの中に入れた料理で、スープは牛骨と牛肉を5時間ほど煮込んで作られ、
あっさりながら濃厚な味の、韓国の国民的朝食とのことでした。

食べ放題のネギをどっさり入れ、スープの継ぎ足しも無料で、お腹いっぱいになりそうです。

続いて二日目のランチ。5食目です。

5食目はスンドゥブチゲ。

「イエジ粉食」というお店で注文したのは、「スンドゥブチゲ」6000ウォン(約560円)。

グツグツと煮込まれたピリ辛スープをみて、思わずよだれをたらしてしまいました(^o^)

この値段でこの味を楽しまるのはここ以外にないとのことでした。

そして、いよいよソウルグルメツアーの最後はテッチャン。

6食目のテッチャンのお店は、「チョンウォン」。

このお店で注文したのは、
巨大なウィンナーのひょうな出で立ちの「テッチャン」20000ウォン(約1,860円)。

日本で見るテッチャンとは明らかに違った見た目。
焼きあがると、ハサミで切って食べる。
ウィンナーみたいでとてもおいしそうでした。

ということで、雅プロデュースのソウル飯6食が全て終了。

全メニュー合計で、およそ11,200円という恐るべきコストパフォーマンス!

番組はここで終了しましたが、
近日中に、マッサージや占いなどの食べ物以外のソウルの楽しみ方をオンエアするとのこと☆

楽しみだなぁ♪

というわけで、2記事にわたっての、ピーチ航空で格安ソウルグルメツアーのご紹介でした〜☆

あぁ、久々にソウルに行きたくなったなぁ(^o^)

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

格安ソウルツアーをピーチ航空で☆ ごきげん!ブランニュ ピーチ番長 雅のマル秘ソウルグルメツアー①  [ピーチ航空 ソウル]


スポンサーリンク



こんばんは〜☆

今日は、こちらもほぼ毎週楽しくみている「ごきげん!ブランニュ」
の2013年12月2日(月)放送からお役立ち情報を紹介します!

トミーズ雅がピーチ番長と称して、ピーチ航空を使って、
ソウルグルメツアーを格安で楽しむプランを番組で紹介していました。

そもそもピーチ航空とは、関西国際空港を拠点にした日本初の本格的格安航空会社(LCC)のことです。
海外4都市、国内8都市へ就航しています。
サービスを簡素化する代わりに、とにかく料金が安いというのが特徴です。

インターネットで簡単に予約ができるということで、
雅が自分で往復チケットを予約していましたが、
なんと、ソウルまでの往復が14,700円という安さ!


スポンサーリンク



雅に言わせるとこれでも高いとのこと。
早期予約やキャンペーンの時は、片道2,000円の時もあるとのことです。

チケットを印刷し、パスポートと共に空港に設置された機械にかざせば搭乗手続きは完了という簡素さ(^^)/

雅によると、飛行機は窓際の「A」の座席から順番に乗せてくれるとのことで、
手荷物が二個までなら無料なので、荷物置き場がなくなってしまう前に、
早く飛行機に乗れるよう、「A」の座席をとるのがポイントとのこと。
同乗者に一人でも「A」の座席を取っている人がいれば、その全員が最初に飛行機に乗れるとのこと。

この安さに魅了され、雅は一年半で20回もソウルに行っているとのこと。
「二日休みが取れればすぐいく。」という雅の言葉に驚きました。

関空に朝6時に集合した雅たちは、7時台の飛行機で出発。
約1時間半のフライトを経て、朝の10時半には、韓国に到着。

到着後、雅は「T-MONEYカード」なるものを準備。
この「T-MONEYカード」とは、韓国で、バス・地下鉄・タクシー・コンビニなでで使えるプリペイドカードで、希望の金額をチャージして使います。
コンビニなどで簡単に入手でき、慣れない韓国ウォンでのやりとりが簡単にできるので、雅がおすすめしていました。

そして、空港から「6015」番のバスに乗り、明洞へ!
料金は10000ウォン(約930円)でなんともお得。
明洞まで約1時間で到着。

ここから、雅がおすすめのソウル飯6食が紹介されます。

まず、一食目の昼ご飯は、「明洞イビスホテル前」バス停から徒歩1分の
「明洞栄養粥・栄養餃子」というお店で「あわびのお粥」15000ウォン(約1,400円)をペロリと食べる。

そして、2食目へと旅は続くのですが、今日はこのあたりにして、
続きはまた明日にでもご紹介しようと思います。

皆さん、お楽しみに〜(^o^)

続きは以下の記事をみてください!
http://masasumitrend.blog.so-net.ne.jp/2013-12-10-1


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
ピーチ航空 ソウル ブログトップ